Teamsの移行も可能になりました!

著者:Responsible Party

Teamsの移行も可能になりました!

2020年5月26日リリースのVersion 13.0より、Teams の移行も可能となり、Office 365 を導入されているお客様にとってはより利便性が向上しました。
(※2020/06/29現在)

Topics!Teams 移行に関する各種情報をチェック!

Teams の移行に関する各種情報については、以下のサイトをご覧ください。
(現段階では制限事項が多くありますが、今後も機能を拡大していく予定とのこと)

  • バージョン13.0 リリース情報については、こちらをご覧ください。
    ※2020/6/29現在の最新版は「Version 13.0.3」です。
  • Teams 移行に関する制限事項については、Copy Teams limitations ページをご覧ください。
  • Teams 移行に関するウォークスルーについては、Walkthrough – Copy Teams ページをご覧ください。
Attention!!常に最新版を保ちましょう!

当製品は、ShareGate 社により随時機能改善や不具合対応等が行われているため、作業開始前に以下のいずれかの方法で最新版リリース情報を確認し、常に最新版が適用されている状態で利用するようお願いします。

  • Updates and announcements ページGet the latest version of ShareGate Desktop ページを確認し、手動で最新版をダウンロードしインストールします。

    Update

  • 当製品のSettings 画面にて、自動更新設定を有効にし、[Restart and Update] をクリックして最新版を適用します。(ただし、自動的に更新プログラムをダウンロードするのはアイドル状態時のみ)
    詳細は、Application ページのEnable automatic updates 項目をご覧ください。

    Advanced-Settings

    ※最新版が適用されていない状態 ※最新版が適用されている状態
    Restart-and-Update Up-to-date

補足事項

  • 当製品の不具合により発生する移行エラーの多くは、最新版を適用することにより解決します。そのため、移行エラーが発生した際は、まずは最新版が適用されているか確認し、旧版となっていた場合は、最新版を適用した後に再度移行をお試しください。
    その他の移行エラーは、お客様のSharePoint 環境や権限設定、ネットワーク環境等に要因があるケースが多数見受けられます。
  • その他不明点については、サポートページをご覧ください。

本記事に関するご質問・ご相談は、お気軽にこちらからお問い合わせください。

著者について

Responsible Party administrator